1. TOP
  2. COLUMN
  3. AirPodsがついに届いたから開封の儀をするよ!あとレビューも

AirPodsがついに届いたから開封の儀をするよ!あとレビューも

『私たちは信じています。ケーブルレスな世界を。』

Apple公式サイトの製品の紹介ムービーで、ジョナサン・アイブが言っていた上記の言葉に非常に感銘を受けておりました。僕自身、周辺機器のケーブルがうっとおしくてしょうがなく感じていた今日この頃でした。

絡まり合うケーブル、うっかり腕などで引っ掛けて耳からブチっと外れる、ウォーキングやランニングの際にブラブラして邪魔、カバンなどに収納しづらい、などなど、なんだかケーブルのイヤフォンを使用すること自体がすごく時代遅れで鈍臭いものに感じてきてしまったのです。Wi-Fiが生まれたように、全ての機器がワイヤレスで繋がればいいのに!という思いはどんどん大きくなる一方でした。

そこでAppleが掲げたケーブルレスな世界という思想を具現化したものの一つとして、AirPodsが発表されました。
その思想とプロダクトに個人的に感激し、ワイヤレスイヤフォンは数あれど、そのなかでもやはりAirPodsを購入しようと決意しました。
安くない価格ではありましたが、SiriやApple製品との連携を考えた場合、きっと使い勝手の面でリターンは大きいはずと、思い切って公式サイトからポチりました。

本当に6週間待ちだった

購入の時点でまず驚いたのは、購入確認画面でお届け予定日が一ヶ月以上先になっていたこと。
「ん?まさかね」とたかをくくって、どうせ最長のお届け日でしょうと思っていたところ、本当に6週間近く経って商品が届いたのでビビりました。(実際は6週間以上だった気がする)
まだまだ需要と供給が追いついていないようで、やはりそれだけ注目されている製品なのだと実感しながら、小ぶりのダンボールの箱をゆっくりOPEN。

「待たせたな」(CV.大塚明夫)という声が聞こえてくるかのように、真正面でその姿を表してくれました。
いやマジで待ってたよ!6週間も待つと、やはり会えた嬉しさもひとしおです。

これがAirPodsの梱包の外観か!非常にシンプルで無駄のない、小ぶりな正方形の立方体の箱になっています。手触りはサラサラして気持ちよく、イヤフォンの絵の部分だけプクッと盛り上がって立体的に見えるようなパッケージになっています。
Apple製品の、「手触り」「触感」といったエクスペリエンスの部分がパッケージの時点からしっかり設定されているのは、毎回頭が下がります。信者を生み出すのも不思議ではない。

一番外側の蓋を取る。まずは説明書などが入ったカードケースが全面に敷かれています。
白地にグレーの文字でポツンとDesigned by Apple in California…
このキャッチフレーズは今まであまり見なかったけど、最近新たに打ち出されたものなのかな?

カードケースを外すと、ついに実機お披露目!
充電ケースの外観ですが、まるでコクーン(繭)のよう。
充電ケース自体がシンプルで非常に美しいプロダクトとなっております。この時点ですでにテンション上がるー。

手に持って見ると、思っていたより充電ケース自体が非常に小さいことに驚きます。

充電ケースが収まっていたパネルを外すと、裏にはUSB充電ケーブルが。電源アダプタはなし。
ゆくゆくは全てのApple製品がワイヤレスで充電できるようになると思うのですが、それはもう少し先のようですね。

充電ケースの蓋を開けると、イヤフォンが収まっています。
このケースとイヤフォン、磁石で引き寄せあっているので、逆さまにしてもイヤフォンが落ちないようになっています。
そしてイヤフォンを収納する際、穴に差し込むと勝手に引き寄せられてパチっと収納されるので、収納がしやすく気持ちいい!

iPhone・MacBookとペアリング

iPhoneのbluetoothをオンにし、iPhoneの近くでAirPods充電ケースの裏にあるボタンを押すと、即座にiPhoneが反応してペアリングを開始してくれます。
あとはもうオーディオ出力をAirPodsに切り替えれば、すぐに使用することができます。超簡単!
Macとペアリングする際も同様で、全く手間はかかりません。

レビュー

装着感

少し懸念していた着け心地の面ですが、やはりApple純正の白いイヤフォンを問題なく装着できるのであれば、AirPodsの方も問題なく装着することができました。もちろん耳穴にはめ込んでいるだけなので、うっかりマイクのあたりに手が当たったりすると外れてしまうこともありますが、密着度で言えば申し分ない感じでした。
Apple純正のイヤフォンが耳の形と合わないという方、耳から外れないしっかりした装着感が欲しいという方はAirPodsは使用しないほうが良いかもしれません。

音質

個人的に使用している感じでは、音質は普通に良いと思います。もっと低音にパワーが欲しいなど、こだわりのある方はBOSEなどの少し高価なイヤフォンなどを検討されたほうが良いかもしれません。そこまでこだわりはないということであれば、AirPodsで全く問題ないと思います!

使い勝手の良さ

たとえばポッドキャストを聞いている際に、人に話しかけられて片耳だけイヤフォンを外して対応するシチュエーションがあると思いますが、そんなときAirPodsはイヤフォンを外したことを感知し、自動で再生を止めてくれます。そして、対応が終わったときにイヤフォンを装着し直すと、装着したことを感知して、また自動で再生を開始してくれます。
いままでのイヤフォンだと、話しかけられた時点で慌てて再生を止めたり、または再生しっぱなしで、対応が終わったときに聞いていた箇所まで戻すという必要があったのですが、そんな必要はもうなくなります。
非常にUXが考えられた、使い勝手の良い仕様になっています!

また、ランニングや、普段歩きながら音楽を聞いている際に、曲送りや音量を変更したいときがあると思います。そんなときは、イヤフォン側面にあるセンサーをダブルタップすることでSiriを呼び出し、「つぎのきょく」や「おんりょうあげて」などでSiri側で操作してくれるので、いちいちiPhoneを取り出す必要がなく非常に便利です!

範囲

試しに家を掃除するときにAirPodsで音楽を聴きながらやっていましたが、iPhoneを一箇所に置いて、二階建ての家を隅々まで掃除しても通信が途切れることはありませんでした。
また、車を運転しながらAirPodsでポッドキャストを聞いていた際の話ですが、途中コンビニに寄って、車にiPhoneを置きっぱなしでコンビニ店内に入って買い物したときも、通信が途切れることなく聴き続けることができました。
デバイスから離れても、イヤフォンだけ身につけて問題なく聴き続けることが出来ます。
(まぁこれは他のワイヤレスイヤフォンも同じかもしれませんが)

まとめ

上に書いてきた通り、Apple製品(Siri)との連携が非常に秀逸な製品です。なのでもしApple製品を普段使用している方で、ワイヤレスイヤフォン購入を検討されている方には、間違いなくAirPodsをオススメしたいと思います!
ケーブルレスな世界を、ぜひ体験してください。

◼️AirPods – Apple
https://www.apple.com/jp/airpods/